2005年05月27日

60年ぶりに見つかる:日本兵

日本兵がフィリピン・ミンダナオ島で見つかったそうですね。フィリピン・ミンダナオ島という場所にはあまり人がいないのでしょうか?ということで今回は日本兵です。

日本兵 の検索結果のうち 日本語のページ 約 1,260,000 件
思ったより多いです。

第一位!
日本兵物語
この物語は、オーストラリアで実際に映画のエキストラとして働いた若者たちの体験を元にして描かれていますが、基本的にはフィクションです。登場する人物、団体名などは実在のものと一切関係ありません
本編がメインコンテンツです。なかなか楽しい内容ですが、更新をしていないそうで、残念です。

第二位!
見ろ!実は、日本兵は中国で礼儀正しく、皆から愛されていた。
基本的に写真がメインです。

第三位!
ビルマを選んだ元日本兵
すでにビルマ籍を取得した北村作之蒸さんのお話です。四十六年ぶりに帰った日本への感想は
「日本は全てが変わっていましたが、故郷の山は昔とおなじでした」
だそうです。

第四位!
山本皓一・Feature/最後の日本兵
これを読んで台湾も日本の領土だったことを思い出しました。日本兵として出兵し、帰国したときには日本ではなく、台湾だったというギャップをどう受け止めたのか、想像もつきません。

第五位!
私が出会った日本兵
同タイトルの本を紹介するページでした。表紙をどうぞ



感想
戦争に関わってくるテーマですから、やはり重いです。たまにはこういう内容を読むのもいいかもしれません。

人気blogランキングに参加しています。

posted by 検索君 at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(2) | 旬の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3944924

小野田寛郎氏
Excerpt:  NHK HVで、5月24日に小野田寛郎氏の特集を行っていた。ハイビジョン特集「生き抜く・小野田寛郎」ルバング島と過酷な人生の真相▽戦後60年今こそ語る。  クリック感謝→blogランキング(国..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-05-28 00:21

各員一層奮励努力せよ!
Excerpt: 日本海海戦100年 両司令長官ひ孫「いまも尊敬」 やはりなんだかんだ言っても、日本の近代史を語る上ではずせない「日本海海戦」 これがあるから、今でも日本人は欧米でもそれなりに敬意を払ってもらえるし、..
Weblog: 桜日和
Tracked: 2005-05-28 00:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。