2005年05月24日

アルコール

アルコールが入った飲み物は色々ありますが、具体的な飲み物ではなくアルコールだとどのような結果になるのかな、と興味津々です。

アルコール の検索結果のうち 日本語のページ 約 1,800,000 件

意外に多いですね。

第一位!
社団法人アルコール健康医学協会 ホームページ
11月8日更新しました。
と年を書かないやり方はうまいんだかダメなんだかよくわかりません。やっぱりダメなんでしょうね(笑)。そしてお知らせをみてみると
Not Found
The requested URL /medical.html was not found on this server.
やっぱりダメでした…

第二位!
Good-byeアルコール依存症(アルコール依存症のあらゆる情報、自助組織や催しもの、内観情報を発信)
ながーいタイトルです。飲む前に読むが楽しいです。飲むのは「あなたは危ないよ」の10項目とあり、一つでも当てはまると危ないということのようです。ちなみに私は一つも当てはまらなかったので正々堂々と飲酒できるかなとおもったら
このコーナーを飲む免罪符に利用しないで下さい。あくまで目安として下さい。

とすかさず突っ込まれてしまいました(笑)。

第三位!
アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)
なんだか楽しくなさそうなサイトが続いてランクインしています。やっぱりアルコールってよくないのかも。さてASKってどんな団体?にASKが目指す病気にならない 病気をくいとめる 病気とともによりよく生きるという三つの予防が掲げられていました。なかなかよさそうな内容です。デザインもそれほど悪くないので、アルコールで悩んでいるお知り合いがいらっしゃったらぜひチェックしてみてください。

第四位!
アルコール情報ページ
背景が文字の邪魔をして非常に読みづらいです。どこの誰が作ったんだ、とおもったら厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室 健康情報管理係でした。これはおそらくデザインをした本人すら読まないようなページなのでしょう。やる気のかけらも感じられません。

第五位!
アルコール依存症からの回復のために
このページは、知らないうちにアルコール依存症になってしまい苦しんでいる人や、その家族の方々のために開きました。
私はお酒が大好きで、長年飲みすぎたためアルコール依存症になってしまいました。今は、お酒を飲むことが出来ないアル中です。私の経験や、アルコール依存症に関する知識が、少しでも同じ病の人の回復に役立てばと願っております。
経験者だからこそ書ける内容もあるかもしれませんね。厚生労働省のページに負けず劣らず非常に読みにくいデザインですが、自らに課した課題を読んでいただければわかりますが、作者の熱意に打たれました。がんばって読んでみましょう。


感想
残念ながら最後まで楽しい内容のサイトがランクインすることはありませんでした。アルコールはやはりドラッグの一種としてみなすべきものなのかもしれませんね。

人気blogランキングに参加しています。

posted by 検索君 at 12:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 旬の話題
この記事へのコメント
今体育でアルコールの学習をしてるので、凄く参考になりました!!
Posted by hiren at 2006年12月17日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3865133
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。